524A8482.JPG

年齢別クラスのごあんない

2020年度は年齢別にクラスをもうけて実施しています。

年齢の近い親子で、定期的にともに活動することで、大人も子どもも仲間に慣れていき、

大きな家族のように助け合える関係を作れたら、という思いを込めました。

​どんな遊びができるかな?

CapuCapu_class_otama.jpg

おたまじゃくし組

0〜1才
青 梅/毎週金曜日
八王子/第2木曜日
10:30〜13:00
CapuCapu_class_kaeru.jpg

かえる組

2〜3才
毎週火曜日
10:30〜13:00
CapuCapu_class_kamoshika.jpg

かもしか組

3才〜小学生
隔週水曜日
13:30〜16:00
CapuCapu_class_musasabi.jpg

むささび組

0才〜小学生 異年齢混合
第3土曜日
10:30〜13:00
 

青梅おたまじゃくし組

対象:0〜1才
毎週金曜日/10:30〜13:00

葉っぱの感触、森の香り、鳥の鳴き声、空の色……

ねんね、はいはい、よちよち、ベビーカーでも大丈夫。

全身で、生まれてきたこの世界と自然を感じよう!

おうちから外へ出て、親子でゆったりしませんか。

「五感で触れる」

0〜1歳は、いろんな感覚に出逢える時期。

それが大人になって具体的には思い出せなくても、

どこかに残って育まれるような、きっかけになるかも

ねんねの子は、背中で大地を感じたり、木漏れ日をみたり

おすわりの子は、葉に触れたり草を口によせてみたり

あんよの子は、足の裏で原っぱの感触を確かめたり

身体機能の発達に応じて、五感で自然を感じていく。

そんな時間を大切にしていきたいです。

 

育休やお休みを利用して

参加してくださる方がたくさんいらっしゃいます。

親が見守ってくれいる、という安心感の中で、

子どもは少しずつ自分の足で踏み出していきます。

ママやパパの様子をちらりと見ながら、

気になるものにはいはいで近づいてみたり、

ちょっと年上のお友達の後ろを一緒に歩いてみたり。

はじめての自然の中での緊張を、仲間と解きほぐしながら

親子にとって、ほっとする穏やかな時間になればと思います。

(青梅おたまじゃくし組 担任/さやか)

青梅おたまじゃくしの1日

 10:30 

おはよ〜! 朝の会

わらべうたを歌って、ゆっくりはじめます。

授乳やおむつ替えもOK、朝寝中でも大丈夫!

 10:45 

おさんぽ、あそぼう!

それぞれのペースでおさんぽ。

だっこ紐からおりて、ねんねやおすわりで

土や葉っぱ、水など自然と触れあい遊びます

 12:00 

ゆったり、お昼ごはん

離乳食や授乳、おとなもピクニック!

​お話しながら、親子でまったりランチタイム。

 13:00 

またねー! 終わりの会

何を感じた?何を見つけた?

​楽しかったことを振り返って、また来週!

※雨天時も、無理のない範囲で短時間の散歩をして

雨の中の自然とふれあいます。

八王子おたまじゃくし組

対象:0〜1才
第2木曜日/10:30〜13:00

かぷかぷの新しいフィールドは、八王子。

便利さと自然の豊かさを兼ね備えた街で、​かぷかぷがスタートします。

「八王子をたのしむ」

0歳は、月齢によって自然とのふれあい方はさまざま。

また、おとなの心と身体の状態も、

はじめてのお子さん、2人目、3人目では

それぞれあることでしょう。

ちょっと疲れた〜と感じる人も

もっと楽しみたい!という人も

この1年はどんな親にとっても平等で、一瞬です。

赤ちゃんだから、大人だから、を取りはらって、

お母さんもお父さんも泥んこになって

この1年を思いっきり楽しんでください。

そして「この子は何を見て、何を感じているのかな?」

と、寄り添ってみてください。

​一緒に八王子のフィールドを広げましょう!

(八王子おたまじゃくし組 担任/あずみ)

八王子おたまじゃくしの1日

 10:30 

るらら♪ 朝の会

朝の歌、点呼したら、絵本や紙芝居を読むよ。

地元のとっておきおやつもいただきます!

 10:45 

自由に、あそぼう!

月1回だから、おとなたちの会話も弾みます

大きくなったね!できるようになったね!

遊びから、子どもたちの成長に気づきます。

 12:00 

それぞれ、お昼ごはん

お腹が空いたらちょっと早めにたべてもOK!

おとな同士ゆっくりとお話したり

食後、もう一度遊びに繰り出す子もいたり

 13:00 

またねー! 終わりの会

心に残ったことを発表・共有しあいます。

また来月を楽しみに、元気にばいば〜い!!

※雨天時も、無理のない範囲で短時間の散歩をして

雨の中の自然とふれあいます。

 

かえる組

対象:2〜3才
毎週火曜日/10:30〜13:00

空想と現実の間を、遊びながら自由に行き来する子どもたち。

おひさまのあたたかさ、水の冷たさ、季節の匂いや音を、

​豊かな言葉で表現する柔らかな発想や感性は、

五感を通して研ぎ澄まされていきます。

​友だちと一緒に、新しい物語や世界との出会いの楽しもう。

「友だちへの興味、関係のはじまり」

個々の好き嫌いがはっきりとし、自我が生まれる時期。

おとなを介して、友だちへの好奇心を表現していた1歳から、

友だちだけで輪が生まれ、物語が始まり、

その世界の役割になりきるなど、明らかな変化が見られます。

また子どもたちの感性は、言葉の表現を伴い始めます。

森の不思議、川の生き物、青梅の風など様々なものが

それに触れた子どもの五感を研ぎ澄ませ

「冷たいね!」「ちくちくする〜」など

おとなと言葉で共有する姿を目にするようになります。

生まれてまだ2〜3年しか経たない子どもたちとの

やりとりは驚きに満ち、儚くもあり

どう成長していくのかを想像するだけでワクワクします。

たくさんの物語を、青梅の自然の中で生み出し楽しもう!

(かえる組 担任/あずみ)

かえる組の1日

 10:30 

ワクワク、朝の会

おはよ〜!歌をうたったり、絵本を読んだり

遊びたい、待ちきれない時は、体操も!

おやつを食べてエネルギーチャージもいいね。

 10:45 

思いっきり、味わおう!

それぞれの発見、好奇心のまま楽しもう!

友だちといっしょに遊ぶのも楽しいね。

おとなも季節をたっぷり味わって。

 12:00 

はらぺこ!お昼ごはん

全力で遊ぶともうお腹はペコペコ!

みんなで自然の中で食べるとおいしいね。

 13:00 

遊びきったら、また来週!

その日の心に残ったことを話すよ。

​また来週もたくさん遊ぼうね!

※雨天時も、無理のない範囲で短時間の散歩をして

雨の中の自然とふれあいます。

 

かもしか組

対象:3〜6才
隔週水曜日/13:30〜16:00

「なにがあるかな?なにをしようかな?」

きっと新しい発見が待っているよ!

畑しごと、虫さがし、川あそび。自然の中にはドキドキワクワクがいっぱい。

​体も頭も心もぜーんぶ使って思いっきり遊ぼう!

「群れになっていく」

自然の中には、生きものがいたり川や森があったり、

そこでは「これをやりなさい」という決まりはありません。

「今日はなにしようかな?」

自分で見て、感じて、考えて、ひらめいて……

虫捕りに夢中になる子、新しい道を探検したい子、

きになる生きものをじっくり観察したい子、

森のお気に入りの場所で好きな本を読みたい子、

思いっきり絵を描きたい子、

ゴロンと寝転がってのんびり過ごしたい子、

一人ひとりがやりたいことを、とことんやる。

「これがやりたい」と安心して言える

​心地よく没頭できる場所にしていけたらと思っています。

森でそれぞれが遊ぶうちに、仲間から家族のような存在に。

保育園や幼稚園、それぞれの生活を経て集まる時、

思わず「ただいま〜」と言ってしまうような穏やかな場を、

一緒に作っていきましょう。

(かもしか組 担任/かなえ)

かもしか組の1日

 13:30 

集まれ〜!はじまりの会

おかえり〜!本を開くとみんな大注目。

今日の活動のイメージをそれぞれ膨らませます。

 13:45 

思いっきり、やってみよう!

やりたいこと、思いっきりやってみよう!

友だちとの関わりが楽しく群れで遊ぶ年頃。

おとなも巻き込んで遊んじゃおう!

 15:00 

おやつでチャージ

いっぱい遊んで、おなかペコペコ

​パンやお団子などボリュームあるおやつをぱくっ!

 13:00 

遊びきったら、また来週!

その日の心に残ったことを話して

​次回どこに行きたいか、なにして見たいかを相談。

​みんな、また来週ね〜!

※雨天時も、無理のない範囲で短時間の散歩をして

雨の中の自然とふれあいます。

 

むささび組

対象:0〜6歳、小学生
第3土曜日/10:30〜13:00

年齢がバラバラだから、きょうだいのような友だちがたくさん!

パパもママもみ〜んなで、毎月集まる大家族みたいな仲間で遊ぼう!

甘酸っぱい野いちごの味、清流の水あそび、落ち葉プール、霜柱をふむ音、

​家族でいろんな自然へ出かけよう、感じよう!

「憧れからはじまる」

むささび組は、どんな年齢の子でも参加OK!

異年齢の子どもたちは、互いに影響を受けあいます。

 

小さい子たちは背伸びして、大きい子を追いかけたり、

ちょっと遠くで様子を伺いながら同じことをしてみたり、

だんだんと恥ずかしさがとけて、混ざってみたり。

 

大きい子たちも、普段の生活ではなかなか触れ合わない

​歳の離れた小さい子たちに興味津々。

おっかなびっくり抱っこさせてもらったり、

おとながトイレに行く間、遊んであげたり、

​おもしろいものを見つけたよ、と持っていってあげたり。

子どもたちがのびのび遊ぶのを見ていると、

おとなも思いっきり遊びたくなってきますよ。

定期的に集まると少しずつ照れもなくなります。

昔の大家族の親戚の集まりみたいな関係・場面を

大事にして行きたいなと思っています。

 

(むささび組 担任/かなえ)

むささび組の1日

 10:30 

集まれ〜!朝の会

みんなが集まったら、朝の会!

朝の歌をうたったり、名前を呼んでごあいさつ。

絵本や紙芝居をじっくり楽しみます。

遊びたい子は先に出発してもOK!

自然観察やわらべうたなど

ワークショップやアクティビティのある日も。

 10:45 

子どももおとなも、遊ぼう!

月に1度、自然の中に遊びにきたみんな

発見したり、走ったり、遊んだり、

子どももおとなも思いっきり楽しもう!

​今日はなにが見つかるかな?

 12:00 

おひるごはんで交流

いっぱい遊んで、おなかぺこぺこ

年齢に合わせて、好きなタイミングで昼食です

参加者同士の交流タイムがあることも

お誕生日をお祝いする日もありますよ

 13:00 

遊びきったら、また来月!

その日の心に残ったことを話して

​輪になって、さよならの歌をうたうよ。

また1ヶ月後を楽しみにばいばい〜!

※雨天時も、無理のない範囲で活動を行なっています。

特定非営利活動法人 かぷかぷ山のようちえん

※ 当法人は学校教育法上の幼稚園ではありません。

050-3390-0613(代表・小川)

​info@capucapu-nature-school.com​

  • かぷかぷ山のようちえん|instagram
  • かぷかぷ山のようちえん|Facebook

© 2020 かぷかぷ山のようちえん